全ての楽器製作者への懺悔とお詫び。

楽器というものは、とても愛おしくも狂おしい存在と思うのです。
自分は今、現在においては、ギターという楽器を慎重に扱うタイプのプレイヤーになれたのかな?
..とか、いろいろと想うところが多々あったりしています。

時代背景としては ’94-98年の間にずいぶん、
修復していただいたものなのにそれを後にまた壊してしまったことまでありました。
狂気の沙汰でした。

職人さんの精魂込めた仕事で出来上がった作品を、フレットがすり減るとかブリッジが汗で錆びるとか、消耗するところはまぁしょうがないにしても、ぶっ壊してしまっては、人としてなってませんよね。間違っていたら教えてください。

そんな人間が立ち直ろうとしている時、僕に楽器をくれた人たちがいました。
ライブ仲間から友人になってくれた友達。楽器なんて僕にはもう充分で、たまに会った時には飲んだりもできる仲間でいてくれることがただありがたい。

話はそんな自分が今までに壊してきてしまった楽器たちと、リペア職人さんや楽器製作者、全てにこの場にて謝らせてください。本当に、ごめんなさい。

今ある、楽器を授けてくれた友人や、それをメンテナンスしてくれているギターテクの方には本当に頭がさがる一方です。あがるはずあるわけすらありません。なによりこんな自分に普通に接してくださるので。

たくさんの悔い改めがあってここまできましたが、今の自分はきちんと調整されたギターを弾いたり、それを使って新しい曲を作ったりする作業ができています。これもこの場を借りて、ありがとうございます。(太一)

– Apology and apology for the producers of all instruments –

I think musical instruments are very love, very crazy.
Is he now able to become a type of player who treats instruments called guitar carefully now?
There are a lot of things to think about.

As background of the era, for quite a while during ’94 – 98,
Even though it was restored, I had to destroy it afterwards.
It was a crazy story.

Even if the work which was made with the spirit of craftsman ‘s work is worn out, the frets wear out, the bridge rusts with perspiration, and the place to wear out is not gourd, even if it is broken up, it is not becoming a person. Please let me know if it is wrong.

There were people who gave instruments to me when such a person was about to recover.
Friends who became friends from live friends. It is enough for me to be musical instruments enough, and it is only thanks to being a companion who can drink even once in a while.

Please tell apologize to instruments such as musical instruments that have been destroyed so far, repair craftsmen and instruments producers, all in this place. really sorry.

To a friend who gave me instruments now, and to the guitar tech who maintains it, it really gets caught my head. I do not even have to be there. Because most of us usually touches myself like this above all.

I have gotten here with a lot of repentance, but now I am working on playing a properly adjusted guitar and using it to create new songs. Thank you very much for borrowing this place too.  (Taichi)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中